青森の住宅 建てる前に知っておきたい事

そろそろ「自分の家が欲しい」と考えている方、

せっかく自分の家を購入するなら「注文住宅」で自分だけのオリジナルな家を建てるところから始めたい!

と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、注文住宅は建売住宅と比べてどこが良いのか疑問に思ったことはありませんか?

そこで今回は、注文住宅のメリットについてご紹介したいと思います。

 

そもそも注文住宅とは

注文住宅というのは、新築住宅の中で建物の仕様から間取り、外観、内装といった

建物の在り方を建築依頼者が計画して建築する方法のことです。

その中でも大きく分けて2種類があります。

 

フルオーダー住宅

使用する木材から断熱材まで新築住宅に関するすべてを建築依頼者が計画するやり方です。

新築住宅のすべてを考えることになるので、建築関係の知識がかなり必要です。

その分、自分の要望をすべて叶えることができる完全オーダーメイドの住宅を建てることができます。

 

セミオーダー住宅

すべてを考えるオーダーメイドに対して、大まかな住宅の仕様は決まっていて

お風呂、トイレ、キッチンのような住宅設備を決めるやり方をセミオーダー住宅と言います。

 

もちろん間取りを決めることはできます。

基本的に注文住宅と言われているのはこちらのセミオーダー住宅のことで、

高いレベルの建築関係の知識やフルオーダー住宅のように資金がかからないので、

こちらが注文住宅の主流になっています。

 

注文住宅を建てるメリット

注文住宅のメリットとして1番に挙げられるのは、自分だけの家を建てることができることです。

間取りはもちろんのこと、外観や仕様といったすべてにおいて自分の納得のいく家を建てることが可能なので、

これまで不便だとストレスを感じていたことにストレスを感じることなく生活することができます。

 

また、建築現場を自分の目で確認することができることも大きなメリットだと思います。

建売住宅と違い、建物が出来上がる過程を自分の目で見ることができます。

 

それと同時に、施工業者に「常に確認されている」というプレッシャーがかかり、

手抜き工事が減るので、建売住宅に比べて注文住宅の方が欠陥住宅にならないと言われています。

これから、何十年も住む家で手抜き工事をされてはたまったものではありません。

 

ここまで注文住宅のメリットについてご紹介しました。

少しでも注文住宅に興味を持たれたら、サンクリエイトホームにご相談くださいね。