青森の住宅 忘れがちなトイレのこと

注文住宅を考える時によくありがちなのが、

キッチンやリビングに比べて「トイレについてはあまり考えない」ということです。

 

しかし、トイレは日常生活において欠かせない場所です。

ですので、注文住宅のトイレについてもしっかりと知ってもらいたいと思います。


そこで今回は注文住宅におけるトイレについてご紹介します。

 

そもそもトイレを置くのにベストな広さは?

トイレのベストな広さは1,5と言われています。

この広さを確保することができれば、トイレの中に手洗いや収納カウンターを取り付けることが可能です。

 

また、歳を取って介護が必要になった時に、介護する人が入ることが可能なスペースも確保できるので、

将来も安泰なトイレの広さといえます。

 

意外に知らないトイレの種類

トイレについて考えるということは、生きているうちにも数回もないことかもしれません。

トイレには色々な種類があります。まず、タンク付きorタンクレス トイレです。

 

タンクレス トイレの場合、場所は取りませんが価格が高かったり

停電時に使えなかったりするなどのデメリットもあります。

他にもウォシュレットや温風乾燥、フタの自動開閉など様々な機能があります。

 

タンク付きのトイレの場合には手洗いを付けることもできます。

しかし、よく考えて設置しないと濡れた手の水滴が床や便器に落ちてしまうので注意が必要です。

 

使用時のことだけでなく、掃除のことも考えて

トイレのことを考えるときはどうしても、トイレを使用する場面のことを考えがちですが、

トイレを掃除するときのこともしっかりと考えておきましょう。

 

最近のトイレでは、小便が飛び跳ねない工夫がされていたり、

自動で掃除をしてくれたりする機能付のトイレも出てきています。

また、トイレの床材に木材などを使用すると傷んでしまうので注意が必要です。

 

ここまで注文住宅におけるトイレについてご紹介しました。

それぞれの注文住宅にあったトイレを設置することや

理想のイメージに合ったトイレの環境を作っていくことが大切です。

 

もし少しでも注文住宅におけるトイレに興味を持たれたら、

サンクリエイトホームにご相談くださいね。