青森の住宅 似ているけど違うリフォームとリノベーション

みなさんの中にはリフォームを検討されている方もいらっしゃると思います。

しかし、リフォームについて調べている中で、

時々目にするのがリフォームとよく似た名前のリノベーションではないでしょうか。

 

「リノベーションとは何なのか?」「リノベーションとリフォームはどう違うのか?」

疑問を抱いている方も多いと思います。

 

そこで今回は、リフォームとリノベーションの違いについてご紹介したいと思います。

 

リフォームとは一体なに?

皆さんはよくご存知かもしれませんが、リフォームとは、古くなった建物を新築に戻すイメージです。

基本的にマンションを退居する際に老朽化したキッチンやトイレ、バスなどの

設備や部屋の内装、天井の壁紙などを新しくすることで入居前の状態に戻すことを指します。

 

リフォームのメリットとデメリット

リフォームのメリットと言えば、これまで住み慣れた家を残すことができるという点です。

住み慣れた家の雰囲気を受け継がせることができるので、

これまでのように住み慣れた家でリラックスすることが可能です。

また、工事の期間が短く、予算も安くできます。

 

デメリットとしては、間取りの変更や大掛かりな変更ができません

先ほども説明しましたが、リフォームはあくまでも新築の状態に戻すイメージなので、

そういったことはできません。

 

リノベーションとは一体?

実際のところ、リフォームとのしっかりとした線引きはリノベーションにはありません。

 

しかし、リノベーションの場合はリフォームとは違い古くなった建物の設備や内装を

大規模に工事することで部屋の価値を新築のときよりもさらに高くしていくことをいいます。

ただ、大規模になればなるほどお金がかかってくるので予算との相談が必要になってきます。

 

リノベーションのメリットとデメリット

メリットは自由度の高い大掛かりな変更ができることです。

自分の好みに合わせて内装を変更できるので自分だけの内装を作ることが可能です。

また、新築を建てることに比べれば費用が安くできるので、

新築よりも少ない費用で理想の空間を手に入れることができます。

 

デメリットとしては、引き渡しまでの間に、建物検査、設計、施工のような

作業が加わるので住むまでに時間がかかってしまうことです。

 

いかがでしたでしょうか、今回はリフォームとリノベーションの違いについてお話ししました。

家づくりに興味を持たれましたら、サンクリエイトホームまでお気軽にご相談ください。