青森の住宅 新築依頼はどこにする?

「青森で住宅を建てたい」

「でもどこに依頼したらいいのか分からない」


このような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

注文住宅を建てるときの選択肢には、工務店やハウスメーカーがあります。

 

どちらも、お客様から依頼を受け、設計プランを立てて家を建てるという点では同じです。

では、何をポイントに依頼先を選べばいいのでしょうか。

そこで今回は、工務店とハウスメーカーを比較して、違いを見ていきましょう。


工務店とハウスメーカーの違い

1・企業規模、エリア

工務店は小規模な会社がほとんどです。

営業拠点も多く複数地域に限られており、施工エリアは市内や県内、近郊の県までとなっています。

 

地元に根付いた地域密着型と言えるでしょう。

一方ハウスメーカーは、全国に支社や支店があり、企業規模も大きいものが多くみられます。

住宅展示場でモデルハウスを展開しているのはハウスメーカーの特徴です。

 

2・ 施工技術

工務店は、地域密着型のため地域の人々の口コミを大切にしています。

もし一度でも欠陥住宅のウワサが立てば、そのエリアでの評価は一気に下がることでしょう。

そのような事態を避けるためにも、工務店は信頼される施工をしていく必要があります。

 

しかし、腕が良くない工務店が存在するのも現実です。口コミや施工実績で、施工技術の良し悪しを判断しましょう。

一方ハウスメーカーは、建築資材の加工を現場ではなく工場で行うケースがほとんどです。

そのため建築部材の質が高く、仕上がりが均一になります。

 

3・プランの自由度

工務店は、間取りやデザインのプランをお客様と一緒に作り上げていきます。

お客様の要望一つひとつに耳を傾け、理想に近いお家を実現してくれます。

ハウスメーカーの場合、セット販売されている仕様から選ぶ「企画型」と自由に間取りを作る「自由設計型」があります。

 

しかし、この自由設計型も決まったパターンを少しずつ変更していくという形なので、制約が多い傾向にあります。

そのため、工務店と比較すると自由度が低いといえるでしょう。

 

4・アフターメンテナンス

ハウスメーカーは定期点検や保証を制度化しているところが多いため、アフターサービスがしっかりしています。

一方工務店は、会社によってアフターサービスの内容が様々なので、工務店選びの際に注意が必要です。


地域密着型である故に、何かあったときにすぐ対応してくれるのは工務店の良い点です。

アフターサービスが充実した工務店を選びましょう。

 

今回は工務店とハウスメーカーの特徴を比較してみました。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、自分には何が必要なのか優先順位をつけることが重要です。

満足のいく家づくりのためにも、依頼先は時間をかけて選択しましょう。