青森の住宅 家づくりで家事を効率化!

子育てママは、家事や仕事に追われて一日が終了しがち。

もちろん子育ても大事だから、子どもと過ごす時間も欲しい・・・だけど自分の時間も欲しい。

 

毎日このような気持ちの葛藤があるのではないでしょうか。

どうすれば解決されるのでしょう。


解決策の一つに「家づくり」があります。


家事を効率的に行える間取り、仕事に集中できるスペースによって、

子どもと過ごす時間も自分の時間も増やすことができます。


※ 家事の効率化  <家事動線とは?>

家事を効率的に行うための家づくりとして、家事動線が挙げられます。

家事動線とは、炊事・洗濯・掃除などの家事において移動する経路のことを指します。


家事はいくつもの作業を同時進行することがほとんどですので、

この経路のつくり方次第で、作業が効率的になるのです。

 

<家事動線の例1>

例えば、忙しい朝に料理をしながら洗濯をする場面を想像してください。

キッチンと洗面室を往復することになりますよね。

その2つを繋ぐ経路に、ドアが複数あったり何度も折れ曲がっていたりすると、家事が効率的とは言えません。


そこで、キッチンの横に扉一枚で洗面室に行ける間取りにしてみましょう。

そうすることで移動時間は短縮でき、家事の効率がアップします。

 

<家事動線の例2>

玄関とキッチンの距離も、家事を楽にするためにとても大切です。

買い物から帰ってきて重い荷物を持ったまま、遠くにあるキッチンまで運ぶのは一苦労です。


そんなときは、駐車場や玄関から、パントリーを通って直線でキッチンに行ける動線を作ればいいのです。

キッチンと玄関が繋がっていることで、ゴミ出しの作業も簡単になりますよ。


子育て中のリラックススペース>

家事で忙しい中、子どもとの会話を楽しんだり、自分の時間を取り入れたりするのは案外難しいものです。

この悩みも、「家づくり」で解決しましょう。

 

<子どもとの会話>

家事をしながら子どもと会話を行うためには、オープンキッチンやストレートキッチンがおすすめです。

キッチンに立ちながらも子どもの様子が見られる上、一緒に料理をするスペースもあります。

 

<ママの時間>

家で残った仕事をしたり、子どものための裁縫をしたりする、ママ専用のスペースを作りましょう。

リビングの一角に作業スペースを用意することで、家事の合間に自分の時間を取ることが可能になります。

洗濯機で洗っている間や煮込み料理をしている間に、本を読むなどリラックスできる空間を作りましょう。

 

子育てママの悩みは、「家づくり」の一工夫で解決できるかもしれません。

新築を業者に頼む際に、悩みや相談を聞いてもらい、自分に合った家づくりをしていきましょう。