子育てしやすい青森の住宅づくり

家づくりの際、子どもがいる家庭といない家庭では間取りが違ってきます。

子どもは乳幼児から成人まで心身ともに成長していき、家に求めるものが変わってくるからです。


子どもの成長を見守りながら、安全に過ごせる家づくりのためにも、間取りはとても大切です。

そこで今回は、子育て中の家族が知っておくべき家づくりのポイントを紹介します。


※ 子育てのための家づくりのポイント

<乳幼児期>

まだ小さい乳幼児期の子どもは、たとえ家の中にいても目が離せません。

様々なことに興味を持ち、走り回ったりいたずらをしたりと気が抜けませんよね。

そこで家づくりで大切なのが、家事をしながらでも子どもを見られることです。

 

共働きの家庭も多くなってきており、家に帰ってから家事に追われるママも多いことでしょう。

家事で忙しく、コミュニケーションに時間が割けないと子どもが不安になります。


家事をしながらでも子どもの顔を見て会話できる空間づくりをしましょう。

オープンキッチンにしたり、1階と2階を吹きぬけで繋いだりすることで、

子供も親も安心して生活することができます。

 

<学童期>

幼稚園や小学校に通っている子供たちは、少しずつ自分のことを自分でできるようになります。

食後の食器を台所まで持っていったり、朝の着替えをしたり、

手洗いうがいをしたりと日々成長がみられる楽しい時期です。


これらの成長を手助けする家づくりのポイントは、子供の動線に合わせた間取りです。

 

家に帰り「カバンを片付ける」「手洗いうがいをする」「着替えを洗濯カゴに入れる」といったように、

一連の流れに合わせた間取りを作るのが効果的です。


収納場所を玄関に設けたり、手洗いスペースをリビングへの廊下に配置したりと、

工夫次第で子どもが自分でできることが増えるように計画します。

 

<思春期>

中学生・高校生になる頃には、子どもは心身ともに大人に近づく思春期に入ります。

そうすると、子どもはなるべく親と顔を合わせないよう、距離をとるようになってくるのです。


「勉強はしっかりしているのかな」「友達とは上手くいっているのかな」と不安になる親は多いです。

そこでポイントとなってくるのが、階段の配置です。

 

一般的に子ども部屋は2階にあることが多いです。

玄関から入ってすぐのところに階段を配置すると、子どもは帰宅後すぐに部屋に行ってしまいます。


親ができるだけ子どもの顔を見るために、一度リビングを通らないと部屋に行けない位置に、

階段を作ることをおすすめします。


「ただいま」「おかえり」の会話は家族のコミュニケーションのためにもとても大切なので、

帰宅時は顔を見て会話ができるといいですね。

 

全ての成長を見守りながらコミュニケーションがとれるような間取りを心掛けましょう。

そうすることで、子育てが楽しい家づくりができるのではないでしょうか。