青森の住宅 新築住宅で頻発する問題と対策!

家を買うということは、人生の中での一大イベントです。

多くの人が一生に一度ではないでしょうか。

やはり失敗や後悔はしたくないですよね。

 

家を買う方法は大きく分けると、工務店で注文住宅を建てるか、

ハウスメーカーで分譲住宅を買うかのどちらかですが、この記事を読んでいる方の多くは、

注文住宅を建てたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

 

注文住宅の最大のメリットは、自分の希望を反映することができることであり、

どういった家にしようかと考えられている方も多いでしょう。


しかし、理想だけで家を建ててしまうと、実際に住んでみてから後悔することもあります。

今回は、工務店で家を建てる際に頻発する問題についてご紹介します。

 

・住んで実感する収納問題!

意外と多いのが、収納スペースが足りなくなったという問題です。

新しい家を建てるとなると、様々なものを新しく揃える人が多いため、

昔使っていたものや必要のなくなったものを収納するスペースが必要となります。


捨てればいいだけだという人もいますが、物によっては思い入れのあるものもあり、

簡単に断捨離することはできないですよね。

 

まずは、現在の家の収納スペースですべて収納できているのかどうかを調べましょう。

今の時点で収納が足りていない方は新しい家にはさらに多くの収納スペースが必要となります。


また、家が完成してから必要なものを新しく探して買うのではなく、

あらかじめ新しく買うものをリストアップしておき、

収納スペースを決めておくことも有効な手段です。


事前に準備して、収納が足りないといった問題にならないようにしましょう。

 

・コンセントの数や配置!

コンセントに関しては、実際に生活することのイメージをしっかりと考えておかないと、

大変なことになります。


具体的には、どこに電化製品を置き、どこにソファを置くのかなどです。

コンセントの問題はキッチンとテレビ周辺で頻発します。

 

これらの場所は家の中でも接続する電化製品が密集するため、

特に多くのコンセントが必要となります。


実際に住んでみると数が足りず、延長コードやタコ足配線を使わなければならなくなったと

なっては目も当てられません。

 

また、照明器具や扇風機を置く場所もあらかじめ決めておくことで、

コンセント問題はある程度解決できます。

コンセントの数は少し多めに考えておくなども効果的なので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

今回は工務店で家を建てる際に頻発する問題と対策についてご紹介しました。

冒頭にも述べたように、これらの問題はあらかじめその家で生活することを

具体的にイメージすることで解消することができます。


しっかりとしたイメージを固め、理想の家を作り上げましょう。