工務店とハウスメーカー徹底比較!工務店のメリット

家づくりを考え始めたとき、必ず迷うのが「工務店で注文住宅」を建てるのがいいのか?
それとも「ハウスメーカーで分譲住宅」を購入するのがいいのか?という問題です。


どちらにもそれぞれの特徴があるため、だれもが迷う問題ではないでしょうか。

あらかじめそれぞれのメリットを把握しておくことで、自分に合った選択をすることができます。

今回は、工務店で注文住宅を建てるメリットについてご紹介します。

◇自分の要望で価格を調整できる!

一般的に工務店は管理コストの安い小規模な会社が多い傾向にあります。

そのため、ほぼ原価に近い値段で家を建てることが可能です。


また、ハウスメーカーのように仕様制限がないので、
家を建てる土地が狭く複雑な形の場合であっても、家を安く建てることができます。


工事期間も、建築家に依頼する場合と比べ短い傾向にあります。

そのため、工事期間中にかかる仮住まいの費用を抑えることができます。


また、家づくりで使用する材料の素材を安価なものにすることで、必要なところに必要な分の予算を使うことができます。
工務店で家を建てることは、総じてコストパフォーマンスがよいと言って良いでしょう。


◇自分好みのデザイン、設計をすることができる!
工務店で家を建てる最大のメリットは自分好みのデザイン、設計をすることができることです。
もちろん法令や予算といった制限はありますが、それ以外はすべて自由です。


また、先ほども述べたように使用する素材に関して選べることも大きなメリットの一つです。

一方、ハウスメーカーの場合は決まったデザイン、設計のものを購入することになります。


◇高品質の住宅!

決まった形の住宅を大量生産するハウスメーカーとは対照的に、
工務店は住み手の希望にあった様々な種類の家を建てています。


そのため、職人の質が非常に高くなっています。

また、地域密着型の工務店の場合は、施工事例を実際に確かめやすいため、自分の目で確かめることもできます。

多くの工務店が自社の手掛けた住宅を事例として取り上げていますので、
そういったところでチェックすることができることもメリットの一つでしょう。


今回は工務店で注文住宅を建てるメリットについてご紹介しました。
工務店といっても大手の工務店から地域に密着した工務店まで数多くの工務店があります。


自分の家づくりに対する考えにあった、最良の工務店をみつけることが、
家族が幸せになる家づくりへの第一歩となります。