地方で新築する際の工務店の選び方!

家を建てる際には工務店かハウスメーカーかの選択になるでしょう。

もしも工務店を検討されている場合、
「どこも一緒に見える。」とお思いではないでしょうか?

実はそうじゃないんです!

今回は良い工務店を見分ける方法を価格的側面からご紹介します。

 

1 良い工務店とは

そもそも良い工務店って何なんでしょうか?

家を建てる際に重要になってくるのは

「家の信頼性」、「価格」、「施工期間」です。

特に購入者にとって大きく関わってくるのが「家の信頼性」と「価格」です。


家の信頼性は、今後も住み続ける上で重要になってきます。

価格は建てる際の大きな指標にもなります。

 

どれだけ価格を抑えて信頼性の高い家を建てられるか。

それができる工務店が良い工務店だと思います。

 

 

2 見積の回数が少ない

何度も見積を出してきては価格が上がる工務店は悪徳業者か手際の悪い業者です。

良い工務店はお客様に安心して家を購入していただくために

最初からある程度そろった状態の見積もりをもってきてくれます。


こういった細かい部分にまで気の回る業者は良い工務店と言えるでしょう!

 

3 自社施工

自社施工を行うということは、間にかかる経費(マージン)が少なくなることを意味します。

マージンは最終的に購入者の負担になるので、

マージンが極力少ない業者が良いと言えるでしょう。


また中間業者を挟まずに済む分、責任の所在も明確です。

 

また自社で施工を行う会社は、

家を建てる近くにある工務店の場合が多いと思います。


暮らし始めてからも家に関わるトラブルは起こります。

そういったときにすぐに駆け付けてもらえる距離であることも大事なポイントだと思います。

 

今まで全部一緒だと思っていた工務店も、

よく見れば違うということに気づいてもらえたでしょうか?


良い工務店を選べれば、良いお家が建てられます。

新築をご検討中の方は、ぜひ上記の点に注目してみてくださいね!