青森の住宅 住宅ローンはどうやって選ぶ?

新築住宅を建てるにあたって、

必要なお金を即日用意できる人というのは一握りしかいません。


ほとんどの方はローンを組むことになるのではないでしょうか。

しかし、いざ「ローンを組もう!」と考えた時、

そもそもローンにはどんな種類があるのかわからない、という方は少なくありません。


今回は、ローンの種類と特徴についてご紹介します。

 

ローンの主な3つの種類

住宅ローンには大きく分けて、

民間金融機関が行っている「民間融資」

公的機関が行っている「公的融資」

民間融資と公的融資の間に位置する「協調融資」の3つがあります。

 

・民間融資

「ローンを組む」と聞いてみなさんがなんとなく思い浮かべるのが、

各銀行と結ぶ住宅ローンではないでしょうか。


銀行によって特徴ある様々なサービスが提供されており、

金利タイプは変動型と固定期間選択型が提供されていることが多いです。

 

現在では、すべての手続きをネットで行えるローンまで現れています。

また提携ローンといって、

物件を扱う不動産会社と民間金融機関が提携しているローンもあります。


これは、不動産会社や建築会社が窓口となるため、

手続きが進めやすいという特徴があります。

 

・公的融資

公的融資でよく注目されるのが、

都道府県や市町村が独自に行っている融資制度である自治体融資です。


自治体融資の種類は大きく分けると、自治体自体が直接融資を行うもの、

銀行や信用金庫などの金融機関を斡旋して、間接的に融資を促進するもの、

住宅ローンの返済に一定の補助をするものにわけられます。

 

自治体融資のメリットは何といっても金利が低く設定されている点です。

さらに、財形融資という方法もあります。


財形融資とは、勤務先で財形貯蓄

(住宅預金などを目的に給与から天引きされ貯蓄される制度)を

1年以上行っていて、残高が50万円以上ある人が利用できるローンです。

 

財形貯蓄額の10倍、最大4000万円まで借りられます。

ただし、財形貯蓄を行っているかは企業によって違うので注意が必要です。

 

 ・協調融資

金利が変わらない「フラット35」が有名です。

フラット35は、民間金融機関の融資した受託ローンを住宅金融支援機構が譲り受け、

そのローンを裏付けとして資金調達を行う住宅ローンです。


メリットは、何といっても最長で35年の長期固定金利であること、

保証料や繰上返済手数料がかからないこと、サポートが手厚いことあげられます。

 

ただし、借り入れまでに時間がかかったり、

物件購入価格の9割しか借り入れが行えないため、

別途ローンを組む必要があったりといったデメリットもあります。

 

全ての融資制度は各銀行、各自治体によって内容が変わってきますので、

詳しくは住む予定の地域の銀行や自治体のホームページなどでご確認ください。

各ローンにはメリット、デメリットが存在します。

 

新築のローンに関して何かお悩みがあれば、サンクリエイトホームにご相談くださいね。