お子様がいらっしゃる方へ!注文住宅の相場価格とは?

子供が生まれると賃貸の部屋からマイホームへの引越しをされる人が多くいますが、

お子さんが小さい場合、マンションなどでは階下への騒音を与えてしまうなどからも

一戸建てを選ぶケースも多いと思います。


また、一戸建ての中でも注文住宅を考えれば、理想の住まいが作れる、

子育て環境に適した家づくりが出来る魅力を持つため人気を集めています。

 

[建売住宅の方が安い理由とは?]

しかし、注文住宅と聞くと価格が高い、

建て売り住宅の方が買いやすい、などのイメージをお持ちの人も少なくありません。


注文住宅が高いと言う理由の中には、こだわりを取り入れた家づくりでは、

トータルコストが高額なものになるイメージがあるからではないでしょうか。

 

材料を一つずつ選んで家づくりを行う中で、

それぞれの材料費は建売住宅よりも高くなります。

これは建売住宅ではまとめて家を建築するため、材料コストが割安になるからです。

 

[注文住宅でも安くすることができる!]

但し、こだわりのポイントを明確にしておく、

優先順位をしっかりと付けておく事で、

必ずしも建売住宅よりも価格が高くなるわけではありません。


一般的に、注文住宅の価格相場は1坪当たりの単価で計算が行われるケースが多く、

坪単価を抑えた、適正価格に徹した工務店を使うことで、

トータル費用の節約に繋がります。

 

さらに、グレードを考慮した家づくりは建て売り住宅と同等、

もしくはそれ以下で作ることも出来ますし、

子育てに最適な間取りの家に住むことが出来るようになります。


まとめると、注文住宅でも費用を抑えて家づくりをしていくためには、

まず一つに、こだわりのポイントを明確にしておくこと。

あらかじめこだわりポイントを明確にしておくことで効率的な施行が可能になるからです。

 

次に、適正価格に徹した工務店を利用することです。

そして建てる住宅のグレードを考慮することです。


例えば、ご家族が人なのに階建ての住宅であれば広すぎますよね。

このように必要以上に規模が大きすぎたり、

実際はあまり必要ないのにこだわる点を増やしすぎたりすると、

必要な費用が高くなってしまいます。

 

以上、注文住宅に必要な費用について建売住宅と比較してお伝えしました。

多くの場合は建売住宅の方が費用が安く済みますが、必ずしもそうではありません。


また、注文住宅の費用を抑えようと考えているのであれば、

いろいろな対策方法があることもお伝えしました。


上述したことを参考にして、

「家族が幸せになる家」を建てることができれば幸いです。