3人家族での暮らしへ向けた家づくり

3人暮らしの家庭は、夫婦二人に一人の子供が居るといった家庭が一般的です。

将来的に家族が増える可能性がある場合、

3人暮らしだけを想定した住宅は手狭になってしまいます。

 

ただ家族が増える見込みがないという前提であれば、

広さもそれほど必要としないため、キッチンやお風呂、トイレなどの

機能性を充実させた住宅にすると良いかもしれません。

 

新築住宅に必要な広さとしては、

人が1人快適に暮らす上では9坪が存在すれば十分と言われており、

3人居るなら27坪で十分な広さになります。


おまけに2階建てや3階建てを視野に入れれば、

それ以上の空間を得ることができるため、さらに快適性が高まります。

 

ただ3人であるのであれば、3階建てにして家を大きくするよりも、

冒頭で述べたようにキッチンやお風呂、トイレなどの

機能性を高めることにコストを費やすことが良いでしょう。


新築建設に必要な価格としては、

まずは土地代にプラスして、建物を建てる費用がかかります。

 

そのため、まず建てる土地の地価が30坪を基準として

どのくらいの価格になるかを押さえる必要があります。


土地代は、その土地によって大きく異なります。

駅の周辺であるなどの交通面で利便性の高い地域は一般的に土地代が高くなります。

 

また、一般的に「都会」と言われる地域に関しては、

そうでない土地と比べるとものすごく高くなってしまいます。

その上で建物を建設する費用がかかりますので、注意が必要です。


注文住宅の際の建築費用に関しては、

どれくらい依頼者がこだわりを持っていて

それを反映させるかによって異なってきますので、

こちらも注意をする必要があるでしょう。

 

もっとも新築の場合、分譲建売の方が注文住宅よりも価格を抑制することができます。

土地の代金と建物の代金の両方が含まれた状態で計算されているため、

間取りや暮らす上での機能性が満足できれば、必要な価格を抑制することも可能です。

 

都心部では土地の価格も高いですが、

建物建設のみを考えた場合3人暮らしの場合だと機能性に拘らなければ

8002,000万円の範囲に収まります。


一方で注文住宅の場合は、少し必要な費用が高くなってしまいますが、

その分ご自身の希望をその住宅に反映させることが可能となります。

 

その際のコストの使い方も、家の広さを大きくするのか、

もしくはキッチン、トイレまたはお風呂を機能面でこだわり自分にとって

住みやすい住宅にしていくのかは本人の希望次第といった特徴があります。


どのような家づくりにしていくかは、

まずは信頼できる住宅会社に相談して見るのも一つの方法です。