住宅ローンを組むには何年ぐらいが良い?

新築で住宅を建てる場合には多くの人がローンを組むことになります。

住宅ローンは借りる金利を含めて返済する為、

返済期間が長ければ長いほど金利分が嵩んで返済額も増えていきます。


例えば毎月の返済額が10万円だった場合

返済期間が20年なら1,803万円しか借りることはできません。

 

それを35年ローンにすれば2,598万円まで借りることができますが、

35歳で35年ローンを組むと支払いが終わるのは70歳になります。


会社員であれば定年後までローン返済が続くことになるので、

かなり生活にも負担が増えます。

 

新築でローンを組む場合、一概に何年が良いとは言えませんが

一般的にはサラリーマンの定年である65歳まで返済が可能な年数が適切と言われています。


35歳で新築の家を建てる場合には、最大でも30年でローンを組むことがおすすめされます。

40歳で建てる場合には25年が限界ということです。

 

計算は65歳という数字から借入時の年齢を引いた期間がおすすめの返済期間と考えてください。

限られた年金から、毎月お住いの住宅のローンを払い続けるのは厳しいと思います。


そもそも年金には、そういった費用を支払うことを考慮していないので、

仮に年金をもらうようになってからもローン返済を続けているとなると

その他の生活での資金面に支障が出てきてしまうことが考えられます。

 

そういったことにならないためにも、

しっかりと勤労している期間に返済を終了させることで、お住いをご自身の資産として、

年金でもらえる額で不自由のない生活を送ることができるでしょう。

 

また、借入期間が長くなると支払う利息も増えるので、

借入金が1,000万円に対する利息は返済期間が20年なら331万円ですが、

35年になると同じ借入金でも616万円に増えて、利息だけでも差は300万円にも及びます。


その為、基本的には65歳から借入時の年齢を引いた期間が適切ですが、

それでも借入期間は1年でも短い方がお得ということです。

 

今回は新築でローンを組むにはどれくらいが良いのかについて

ポイントを大きく分けて二点ご紹介しました。


まず一つ目は、一般的なサラリーマンの定年である65歳までに

ローン支払いが完結できるように逆算してローン返済期間を組むことです。

 

年金をもらった後も住宅ローンを払い続けるのは大変ですよね。

もう一つご紹介したのが、できるだけローンの返済期間を短くすることです。


ローンの返済期間が長ければ長いほど、その分金利は高くなってしまいますので注意が必要です。

上述したことを参考に住宅ローンを組んでみてくださいね。