新築の際に注意しておきたいポイント

これから「マイホームを建てよう」と考えている方で、
工務店に依頼するか?ハウスメーカーに依頼するか?迷っている方はいませんか?

もちろん、いずれに施工を依頼する場合にもメリット、デメリットはありますが、
今回は工務店に依頼した際のメリットについてお話ししたいと思います。

工務店で家を建てるメリットは、何と言っても建築費用が安く抑えられることです。
ハウスメーカーは規模が大きい分、人件費や広告、宣伝などにかかるコストも大きくなるため、
それらにかかる費用を建物価格に転嫁する必要が出てきます。

その点、工務店によって価格が異なるため一概には言い切れませんが、
多くの工務店では多額な広告費や人件費をかけていない分、
建築コストを低く抑えることができます。

また、多くのハウスメーカーでは、あらかじめ家の形や仕様などが決まっており、
その中から選んで組み合わせていくやり方が一般的なため、
家づくりへの自由度が限られてしまう場合もあるようです。

オリジナリティーを求めている方にとっては満足のいかないこともあるかも知れませんね。
工務店では、自身の気に入った間取りやデザイン、内装までを考えることができる、
「自由設計」を取り入れている場合が多いため、思った通りの家づくりができます。

ただ、やりすぎると費用が膨れ上がってしまうこともあるので注意が必要です。
費用をかけるところと抑えるところ、しっかりとバランスを取ることが大切ですね。

また、工務店で建てる良さは「手抜き工事などのチェックのしやすさ」もあります。
工務店では設計から施工まで自社で一貫して請け負ってくれるため、
施行中の管理がスムーズに行えるため、ミスや手抜きなどが発生しにくくなります。

大手にありがちな、下請け、孫請けなど複数の業者が入り込むことで、
管理が煩雑になり、目が届かない部分が出てきたりします。

また、各業者が責任を押し付けあって、責任の所在がはっきりしなくなり、
結果的に「どこも責任を取らない」といった問題にもつながってきたりするので注意が必要です。

今回は工務店での家づくりした際のメリットのお話でした。
少しでも参考にして、家族が幸せになる家づくりをしてくださいね!