注文住宅は高い?価格の相場とその理由!

一戸建てのマイホームには土地のすべての所有権が付与されることになります。

これはマイホーム選びを行う際の決め手となる部分です。


マンションの場合、土地の所有権を得ることが出来ても、

専有面積の割合で土地の持ち分が決まる「区分所有」のため、

簡単に建て直しが出来ないなどのデメリットもあります。

 

土地すべての所有権を得られる一戸建ての場合、

新築物件であれば、リフォームなどの心配も当面は不要のため、

その後にかかる費用の心配もいりません。

 

また、新築一戸建てには「建売住宅」や「分譲住宅」などのように、

予め家の設計が完了し、建築途中もしくは完成してから売出しが行われる物件と、

家の設計から立ち会うことが可能な「注文住宅」の選択肢があります。

 

「注文住宅の価格は高い」などの理由から、

家づくりのプロではない不動産会社が設計を行った、

建売住宅や分譲住宅を比較しながらマイホーム購入を検討する人が多くいますが、

注文住宅の価格相場は決して高いものではありません。

 

例えば、当サイトに掲載されている建築事例などの住宅は、

土地と建物をセットにしても2,500万円~3,000万円が主流であり、

建売住宅などとそれほど金額は変わらないのです。


しかも、建築事例で紹介が行われている家は、

お施主様のイメージを形にしているもので、こだわりが随所に取り入れられている住宅です。

 

建売住宅などの場合は、自分達のイメージに近い家を選んで購入することになるので、

駅から少々遠い不便な場所だったり、

自分たちの生活スタイルに合わない間取り設計だったりする場合も少なくありません。


その点、注文住宅では、まず最初に土地を探してから、

その土地に建築する家の設計を工務店などに依頼する形になるため、

自分たちの希望の場所で、希望の間取りでの家づくりが可能です。

 

ただ、注意が必要な点としては、住宅の価格表示方法には決まりがないため、

各社が自由に価格設定することが出来るようになっています。


そのため、家本体の価格で表示する会社もありますし、

フル装備の価格で表示を行っている会社など様々です。

 

中には引き渡し時の価格として、

広告では坪30万円として表記が行われていたものが、

仕様を変えると数万円アップする、変更する時にはさらに数万円アップするなど、

家が完成する頃には価格が倍近くなってしまうケースもゼロではありません。

 

当サイトが運営する会社の場合は、

すべてが含まれた適正価格で提案を行うことを基本としているため、

途中からどんどん価格がアップしていくことがないように努めています。

 

こだわりたい部分はしっかりと整理を行って優先順序を設け、

予算に応じてお金を掛けたい部分とそうではない部分を明確にすることで、


相場に近い価格での家づくりが可能になるため、

マンションや、分譲住宅、建売住宅などとは違った、

オンリーワンの自分オリジナルの マイホームをつくる事ができます。


いかがでしたでしょうか。

注文住宅は高い!とまだお考えですか?

まずは、信頼の置ける住宅会社で詳しく説明を受けてみることをお勧めします。