マイホームの新築を依頼する際の業者の選び方は?

新築を依頼する際の業者の選び方として、

ハウスメーカーや工務店などの選択肢があります。


中でも大切な要素は

「新築・注文住宅を主に取り扱っていること」が一番の条件と言えます。


それはなぜか・・・。

取り扱っている業務内容が多いと、品質に問題が出る場合があるからです。


例えば、新築以外の業務も取り扱っている場合、

家づくりについてのノウハウが新築を専門としているところよりも

低い場合があったりするからです。


主に公共事業を取り扱っていて、

依頼があれば「民間の住宅の新築も扱う」と言う業者も少なくありません。


そうなると、専門に新築に携わっている業者に比べ、

作業している人間のスキルや、家づくりのキャリアなどが

著しく低くなってしまうことが容易に想像できます。

 

また、同じ家の建築でも、建売やリフォームなどを主に扱っている業者と、

「注文住宅」を主に扱っている業者とでは、

住宅の快適さや構造、また見栄えなどについても大きく違ってきます。

 

特に注文住宅は、住む人の生活スタイルに沿った設計と提案が必要になるため、

設計者や現場管理者の、住宅に関してのこれまでの経験が大きく影響してきます。


そのため、できれば新築、その中でも「注文住宅」を主に取り扱い、

専門の監理技術者、いわゆる建築士や施工管理技士などの有資格者が常駐していて、

家づくりのキャリア、実績が豊富にある住宅会社がベストと言えます。

 

また、注意したいのが、技術者だけではなく、

家づくりについて、しっかりと話を聞いてくれて、

的確な提案をしてくれるアドバイザーがいることも大切な要素です。

 

ただ、言うがまま要望を取り入れてくれるところが、

良い業者だと思われる方もいますが、


闇雲に全ての希望を叶えることで、

当初の予算を超えたり、建物が大きくなりすぎて土地に入らない・・・

などの問題も発生したりする場合があるため注意が必要です。

 

ただ単に希望、要望を取り入れるのではなく、

住む人の生活スタイルや、家族構成、趣味、将来等々を考え、


的確なアドバイスと提案ができることこそ、

家づくりに最も重要な要素であるこは間違いありません。


そのような業者をしっかりと見極めて、

大切な家づくり、マイホームを叶えてくださいね。