上棟式を執り行いました!

先日、現在進行中の現場で、上棟式を執り行いました。
冬の時期なので、外壁の下地と、窓を設置した状態で行いました。

本来の上棟式では、「建て前」と言われているように、
建築吉日に、屋根の「棟」と呼ばれる部分が完成した時点で行うのが通例です。
それだと、建て物は柱と屋根だけの状態なので、青森の冬では風や雪が吹き込んで、
とても上棟式を執り行える状態にありません。

そこで、時期を少しずらして、外壁下地と窓の設置が終わった時点で、
上棟式を執り行うんです。



「二礼二柏手一礼」で玉串を奉納して、滞りなく終了しました。

三月の完成に向けて、いよいよ造作工事開始です。
新しいお家で新学期を迎える事ができそうです!