基礎 配筋検査!

いよいよ基礎の配筋検査です。
構造上もっとも重要な部分の一つです。
ここをしっかりと施工しておけばとても安心です。

配筋(鉄筋)の検査をしているところです。
鉄筋の補強の状況や繋ぎ目の状態・かぶり厚さ等々・・・
全てにおいてクリアする必要がありますので、細かくチェックしていきます。

基礎スラブ筋の施工状況です。
ピッチが20cmの格子状に鉄筋を組みます。
青森『安くていい家』工務店サンクリエイトホーム
こちらはかぶり厚さをチェックしているところです。
6cm以上が必要となります。約7cmですのでオーケーです!
この他にも各部分ごとにチェックをしていきます。
その都度不備や施工不良などがあれば、その場で補修の支持をだして、
補強させます。これで安心ですね!