建て方工事 建て入れ直し

2階も建ち上がって、今度は建物を垂直にする作業です。
建物は取り敢えず柱や梁を組み上げて行くのですが、
柱が斜めに建っていたのでは大変です。傾いた家が出来上がってしまいますからね!
そこで、地面に対して垂直になるように調整する作業が「建て入れ直し」です!
最近はいい道具が開発されて、より簡単に正確にできる様になってきました。

写真の中で立って作業している人が垂直を補正しているところです。
右側にしゃがんで作業している人が垂直になるように指示しているところです。
垂直を見るには下げ振りという道具を使って見ます。
いたって原始的な道具で、柱の上からおもりの付いた糸を垂らして、
垂直になるように指示します。
「右に3分!」とか言いながら方向と補正する距離を指示すると、
鉄製の斜めの道具を使って垂直になるように補正していきます。
こうやって垂直な家が出来上がっていくんですよ!



斜めの板を打ち付けていますが、これは仮スジカイといって、
建て入れ直しが終わったらその都度動かないように仮のスジカイを打ち付けていきます。
この仮スジカイは後に本スジカイを入れたら取り外します。


青森『安くていい家』工務店サンクリエイトホーム
なんとか無事に建て入れ直しも終わって一区切りができました。
ちなみにゴールデンウィーク真っ只中の作業でした。
「世間は休みなんだな~・・・」などど、つい考えてしまったところです。