防蟻処理

今日も雨降りですね。


青森では梅雨空が続いていますが、

関東から西では記録的な猛暑になっているようです。


あらためて「日本は縦に長い国なんだな」と感じさせますね。


先日、このブログでシロアリのお話しをしましたが、

今日は、シロアリ予防のための処理についてです。


地業が終わって、基礎工事へ入る前に、

建物の内部土壌に防蟻処理剤を散布します。


青森の住宅会社『安くていい家』ブログ
【コンクリートを打ち込む前に薬剤を散布します】


建物の下でシロアリが発生しないように、

あらかじめ薬剤の散布処理をしておくんです。


現在は、環境などに対する配慮から、

人体に影響のない薬剤になっています。


青森の住宅会社『安くていい家』ブログ
【環境と人体に配慮した安全な薬剤になっています】


以前は、薬剤の影響から、

シックハウス症候群になる方が報告されていましたが、


現在は、そのような報告も聞かれなくなりました。


その分、シロアリに対する駆除能力も落ちたらしいのですが、

人体に対する影響を考えれば、仕方がないことなのかもしれませんね。


この処理をしておくことで、

テリトリーを増やそうと羽アリになって飛んできたシロアリが

寄り付かないようにしておくわけです。


この後、建物の躯体(柱や土台)にも

第二弾として、防蟻・防腐処理を行います。


これで万全と言う訳ではありませんが、

かなりの予防になるはずです。


安心して住まう事ができるように、

目に見えないところで色んな作業をしているんですよ。



家づくりについて知りたいことなどあったら、

サンクリエイトホーム のホームページから

いつでもご相談くださいね。