木造軸組み工法で家を建てよう!

蒸し暑い日が続いていますね・・・・。

福岡県ではこれまでに経験したことのないような大雨とのことで、

大雨特別警報が発令されていますね。

命に係わる重大な災害の危険性が高いとのこと、

本当に大事に至らないことを願うばかりです。


さて、きょうは前回に引き続き、

「木造軸組み工法」についてのお話です。

前回の記事をまだ見ていない方はこちらをご覧ください。


それでは、木造軸組み工法で建てた木造住宅の魅力と注意点について、

もう少し詳しくお話をしていきたいと思います。


まず、木造住宅のメリットとして断熱性が高いことが挙げられます。

木は鉄やコンクリートに比べて断熱性が高いことで知られています。

なぜかと言うと、木は鉄やコンクリートに比べて熱伝導率が低い素材だからです。

熱いお味噌汁を木の器に注いでも熱くなく持てますよね。

木は熱を伝えにくい、いわゆる熱伝導率が低いからなんです。

892b94df5202148da36733bd7fd3126f
また、もう一つの特徴として、吸湿性が高いことが挙げられます。

そのため、カビやダニも比較的発生しにくく、予防しやすいのです。

また、木造住宅なら、肌触りの良い木の床にすれば、カーペットを必要としません。

カーペットはダニのすみかになりやすいですからね・・・・・。

お子さんのいる家庭にはピッタリではないでしょうか。


注意点としては、木の種類をしっかりと選ばないといけないということです。

使う木の種類によって特徴は様々なので、

家の雰囲気や特徴も大きく変わってしまいます。


木の素材は本当に多種多様で、

質の高い素材を選ぼうとすると、あっという間にコストが大きくなってしまいます。

反対にコストをあまり重視しすぎてしまうと、質が低くなってしまいます。

バランスをいかに見分けるかがポイントとなってきます。
cedcbb581457602547a55e939cd5b683


また、木造住宅では定期的なメンテナンスが必要になってきます。

木は時間が経つと変化してきます。

でも、それをネガティブに受け止めず、

時間とともに味わいが深くなったとポジティブにとらえるようにすれば、

より一層愛着が湧いてくるはずです。


いかがでしたでしょうか。

木造軸組み工法でつくった木造住宅の魅力をほんの少しだけお話ししましたが、

お役に立てましたでしょうか。

この他にも木造住宅にはたくさんの魅力があります。

長く付き合っていくマイホームを選ぶなら、

時間とともに味わい深くなっていく木造住宅がお勧めです。

家を建てようとお考えの方は、ぜひ木造住宅を検討してみてくださいね。