子供部屋のリフォームに悩んだとき!

今回は、子供部屋のリフォームに悩んだ時の解決策のお話です。

これから子供部屋をつくろうと考えている方の中には、
色んな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

どのようなレイアウトにするのか?
設備はどうすればいいのか?
子供が独立した後はどうしようか?
・・・等々。
考えるべきことが尽きませんよね。

そこで、今回はそれらの悩みを解決できる方法をお話ししたいと思います。

【収納】
子供はおもちゃを散らかして、そのまま片付けないことがしばしばです。
さらに、子供が成長するにつれ、持ち物は増える一方です。

収納スペースは広めに用意して、子供の片付け能力を育てないと、
永久に子供部屋は散らかったままになります。
これでは子供が独立した後も心配が絶えなくなってしまいます。

対策方法としては、壁面収納か、ロフトを設置する方法があります。
これならベッドや学習机を置く場所、
また、くつろげるスペースを確保しつつ収納スペースをつくる事が出来ます。
また、収納式のベッドや学習机を取り入れるのも一つの方法です。

子供の片付ける力を上げるには、収納家具を工夫するのもポイントです。
「オープンラック」を用いれば物を置くだけでなく、
本棚としても使う事ができるので、子供の成長に合わせて使い方を変える事ができます。

さらに、収納場所は子供の目線の届くところにしましょう。
そうする事で、子供が自分で片付けやすくなります。
ランドセルや上着など毎日使うものには、
出入りするドアの近くにフックをつけるのも良いですね。

子供の年齢が上がり、持ち物が増えてきた時は、
吊り戸棚を設置してみたり、先ほどの壁面収納を増やしたりして対応していきます。

レイアウト】
子供の創造性を育てるためには、幼少期の体験が非常に重要です。
そのために、子供部屋を好きなアニメキャラや、
カラフルな壁紙にしてみるのも良い方法です。

壁紙であれば、子供が成長した際に貼り替えるのも簡単です。
幼いうちは子供が一番楽しめる空間にして上げるのが良いと思います。

また、勉強部屋としてのインテリアを考えるなら、
青や緑の壁紙にすれば集中力UPにつなげる事ができます。

広めの部屋を仕切って子供部屋にする際は、
仕切り方を工夫する事がポイントとなります。

例えば、部屋を全て分離するのではなく、
一部を共用スペースとして残しておくことで、
子供の「自分の部屋が欲しい」「部屋の広さを確保したい」という、
二つの願望を叶える事ができます。

共用部分は子供達の性別や年齢差によって様々な使い方ができます。
また、ただ部屋を仕切るだけでなく、
移動式の収納家具やアコーディオンカーテンを用いて、
部屋を仕切ることもできます。

「家具を動かすと自分の部屋が出てくる」という仕組みなら、
子供が喜ぶこと間違いなしですよね。

いかがでしたでしょうか。
子供部屋のレイアウトを考える際は性別、年齢差、性格など、
考えなければならない事がたくさんあります。
そのため、部屋には共用部分を作って余裕を持たせる事が大きなポイントとなるので、
じっくりと考えて、子供が喜ぶ子供部屋をつくってくださいね。