キッチンリフォーム IHと電気コンロの違い

きょうはキッチンをリフォームする際、選択肢に上るであろう、
「電気コンロ」と「IHクッキングヒーター」の違いについて
お話したいと思います。

オール電化は、もう皆さんご存じだと思います。
いまや車も電気で動く時代ですからね。

では、IHクッキングヒーターと電気コンロの違いは知っていますか?
どちらも電気で調理をする点では同じですが、
一体何が違うのでしょうか。

「IHクッキングヒーター」と「電気コンロ」の違いとは
まず、”熱し方”が違います。

IHクッキングヒーターのプレートの下に設置された、
磁力発生コイルに電流が流れると磁力線が発生して、
その磁力線が鍋底を通るときに”うず電流”が起こります。
”うず電流”の電気抵抗が鍋自体を発熱させ、鍋の中の食材が加熱される仕組みです。
難しい話で、なかなか理解しにくいですよね(笑)

「電気コンロ」の熱し方は、
電気コンロの電熱線自体が発熱します。
そのため、電気コンロでは「食材を炙る」ことが可能です。
いわゆる、コンロ自体が過熱する仕組みです。
ここがIHとの大きな違いになります。

電気コンロはコンロ全体がすべて高温になるため、
安全面ではIHクッキングヒーターの方が優れていると言えます。

使える調理器具について、
電気コンロの場合は、熱が伝わる調理器具であれば何でも使用できます。
IHは鉄、またはステンレス製で底が平らなものでなければ調理に使えません。

卓上のタイプをはじめ、電気コンロにはヒーター部がむき出しになったものが多く、
調理器具(鍋)の底がどんな形でも、熱さえ伝われば調理に使えます。

IHは「うず電流」を起こさなければならない必要性から、
トッププレートにしっかり密着させる必要があるので、
鍋底はできるだけ平らでなければなりません。

それぞれの特徴としては、
電気コンロの電気代はIHの半分程度。
電気コンロ本体の価格が安い。

初期費用の本体代金も電気コンロの方がはるかに安いことと、
電気の差し込み口さえあればすぐに使えることが特徴です。

また、どんな鍋でも使うことができます。
電気ストーブと同じ要領でコンロ自体が熱くなり、
その熱を鍋やフライパンに伝えます。

IHクッキングヒーターは、
なにより、「火力が強い」ことが挙げられます。
ガスよりも強いとも言われています。
また、火力調整もガスより細かくできることが特徴です。

電気コンロに比べIHの方が消費電力も少なく、節電もしやすい。
火力の強さが決め手の中華料理や揚げ物も、
IHでは思いっきり調理することができます。

鍋の材質によって「熱の効率が違う」と言う特徴もあります。
ちなみに”鉄”が一番電気代がかからず強い火力が得られます。

IHでは、材料を入れずに温めてしまうと熱くなりすぎて、
フライパンを痛めてしまうことがあるので注意が必要です。
次いでステンレスが火力を得られる材質になります。

土鍋やガラス製鍋は、IHでは加熱されないので使用できません
また、テフロン素材は柔らかく、温度差で焦げてしまうので、
IHには向いていません。

また、IHはなべが接しているところはとても熱くなりますが、
離れたらすぐに冷めてしまうので、
「余熱」が使えないと言う特徴もあります。

余熱を使いたい場合は、圧力なべを利用して、
鍋の中の熱を逃がさないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
IHと電気コンロの違いについてのお話しでした。
どちらが「自分の生活スタイルに合うのか」の参考にしてみてくださいね!