青森の住宅 アイランドキッチンはいかが?

家づくりを考えるとき、キッチンをどうするか?は悩みどころですよね。
キッチンには様々な種類があり「どんな家づくりにするか」、
「どんなライフスタイルにしたいのか」によって、最適なキッチンは変わってきます。

今回は最近人気の対面キッチンの中でも、
誰もが一度は聞いたことがある、
「アイランドキッチン」についてお話ししたいと思います。

アイランドキッチンとは、英語で「island」と書きます。
islandとは「島」を意味し、壁から離れた島のように、
独立してシンクや作業スペースが配置されているキッチンのことを言います。

作業台が独立しているので、キッチンの周囲を取り囲んでの作業が可能です。
料理教室のキッチンを想像してもらえれば分かりやすいと思います。

メリットとしては「開放感」が挙げられます。
壁に接することがなく、視線を遮るものが無いので開放感は抜群です。
また、キッチンの周りを最短距離で移動できるため作業もはかどります。

キッチンを取り囲みながら、複数人で使えることから、
料理を通じて、家族の交流もより良いものになるかもしれませんね。

他にも、周りを見渡せることから、
皆がリビングで団欒しているのに、自分だけキッチンでひとりぼっち・・・
なんて寂しい気持ちになることもなくなります。

さらに、アイランドキッチンは他のタイプのキッチンとは異なり、
スタイリッシュなデザインにすることもできます

収納やレイアウトに拘ったり、カウンターを設けたり・・・・・
自分のライフスタイルに合わせて、
自由に設計できることもアイランドキッチンの魅力の一つです。

いいことだらけのアイランドキッチンですが、
当然デメリットもあります。

アイランドキッチン最大のデメリットとして挙げられるのは、
「スペース」です。

デザイン性が高く、便利な代わりにスペースを多く必要とします。
一般的なキッチンの場合であれば、
約4.5帖の広さがあれば良いとされていますが、

アイランドキッチンの場合は約7.5帖のスペースが必要となります。
さらに、構造上臭いが広がりやすいので、
換気システムにいついても考慮が必要になります。

アイランドキッチンのメリット、デメリットをよく見極めたうえで、
お気に入りのキッチンを計画してくださいね。