杭打ち工事

このところ穏やかな天気が続いているせいか、

先日降った雪もほとんど消えましたね。


根雪になっちゃうのかな~・・・と、思っていたのですが、

本格的な冬は、まだちょっとだけ先のようです。


この穏やかな天気のなか、

(穏やかといっても、どんよりとした天気ですけどね・・・。)


杭打ち工事が行われたので、

その模様をアップします!


やはり、家づくりで地盤はとても大切ですから、

まずは地盤調査を行って、その調査結果によっては、

地盤改良工事が必要になります。


とかく、青森市は地盤が弱く、

かなりの確率で、地盤改良が必要と出ます。


その場合は、地盤を補強するために、

杭打ち工事をしたり、コンクリートと土とを混ぜて、

突き固める、地盤改良工事などが行われます。


今回は、杭打ち工事で対応することになりました。


地盤面下の支持層(固い地盤)までコンクリート製の

杭を打ち込んで、建物を支えようというものです。


青森の住宅会社『安くていい家』づくり
【コンクリート製の杭を重機を使って支持層まで打ち込みます】


杭打ちと聞くと、「カーン・カーン」と大きなハンマーで

打ち込んでいくものと思われがちですが、


騒音と振動が大きいので、

今は、そのような工法は行われていません。


まず、オーがーという大きなドリルで、

ある程度まで掘削して、そのドリルで開けた穴に、

杭を押し込んでいくような感じです。


青森の住宅会社『安くていい家』づくり

【まずはドリルで穴を開けます。騒音対策にもなります】


なので、ほとんど騒音や振動が発生しないんです。


寒い中、一生懸命に作業していました。

本当に御苦労さまです。


建物にとって地盤はとても大切な要素なので、

これで安心して、建物を建てられますね。



家づくりについて知りたいことなどあったら、

サンクリエイトホーム のホームページから

いつでもご相談くださいね。