社長ブログ

あけましておめでとうございます

外ではお日様も顔を出して、今年をうらなうようないい天気ですね!
このところ張りきっていた冬将軍様も、元日はお休みのようです。

2018年元旦、初詣には行かれましたか?
私は、新年を迎えたところで「岩木山神社」まで初詣に行ってきました。

50e01fc77aa57401a3a6a577b231b2c8

午前1時頃に到着したのですが、
さすが津軽の霊峰「岩木山神社」初詣客で賑わっていました。

a542e7d37df9927c1c4ab14b5bcdb6ec
「謹賀新年」の文字がお出迎え!気分も盛り上がってきます。
この時間の初詣は何十年ぶりですかね・・・・。
年をとると、夜起きているのが辛くなってくるんですよね・・・・・。

46be2e302c7114961a8dce30c7b79732
”お札”と”熊手”を購入して、今年一年の無事を祈願!
なんとか今年も無事初詣をする事ができました。

あとは、大好きなスキー三昧です(笑)

2018年!良い年にしたいですね!
皆様にとっても、良い年でありますように。

このブログをご覧の方は「自分の家が欲しい」と考えている方だと思います。

家を購入するにあたって注文住宅と建売住宅の2種類が存在することはご存知だと思います。

 

せっかく家を購入するなら「注文住宅で自分だけのオリジナルな家」を建てるところから始めたいと

思われる方もいれば、「専門的な知識を持っている人が建てた家で十分」という方もいると思います。

 

そこで今回は「注文住宅と建売住宅のメリットとデメリット」についてご紹介したいと思います。

 

建売住宅とは

建売住宅とは、土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅のことです。

一般的には、まとまった土地をいくつかの区画に分けて、同じ仕様の住宅を何棟か建てて販売することが多いです。

住宅が完成してから販売する場合もあれば、設計プランだけが決まっている状態で販売されていることもあります。

 

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅は住宅の間取りや外装、仕様が決まっているので完成された住宅のイメージがつきやすい

価格も注文住宅に比べて割安になり、家が建つまでの時間や手間が少なくて済みます。

デメリットとしては、住宅の自由度が低いことや、建築過程が確認できないことが挙げられます。

 

注文住宅とは

注文住宅とは、建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことです。

法律による規制はありますが、一定の条件を満たしていれば思い通りの住宅を建てることができます。

また、その住宅が完成するまでの過程を楽しむこともできます。

 

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅の最大のメリットは自由度の高さです。

間取りはもちろんのこと外装も内装も好みのものを選択することができます。

建築過程も細かくチェックできるので、欠陥住宅になりづらいことも挙げられます。

 

また、予算の中からお金をかけたい場所を選ぶこともできます。

 

デメリットは、ある程度の建築に関する知識がないと設計が難しく、完成した住宅のイメージがつきにくいという点です。

また、土地をすでに所有されているかどうかも大切になってきます。

土地をお持ちでない場合は、土地を探すところから準備が必要となります。

 

いかがでしたでしょうか、注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットについてご紹介しました。

サンクリエイトホームでは、注文住宅の専門的知識をもったスタッフがお客様をサポートしています。

少しでも注文住宅に興味をお持ちでしたら、お気軽にご連絡ください。



雪・・・よく降りますね・・・。
12月にこれだけ雪かきしたのは過去にあったかな〜・・・と、
思いながら、連日の雪かきに励んでおります。

それにしても、この調子で降られたら、
1月、2月はどうなっちゃうんだろうと、心配になっちゃいますよね。
冬将軍様には、お手柔らかにお願いしたいところです。

384bd3ea28a878c163870cc27bfdea70
さて、我が社、サンクリエイトホームでは今日が仕事納め!
大掃除で綺麗になった会社で今年の反省会・・・そして、その後は、
「納会」恒例のお食事会です。

7a736278a5c37b423ee164d739827fce
納会の締めにいつも利用している「そば工房雀庵」でのお食事会!
毎年、これだけを楽しみにしている社員もいるらしいとか・・・・(笑)

私がチョイスしたのは、大好きな「鴨汁そば」
これが美味しんですよ!

994417df2f8de7791b1e1ed96ec0144b

大食いの所長と隠れお大食いの部長のツーショット!なぜか笑える絵ですよね(笑)

今年もなんとか無事終える事ができました。
これも、頑張ってくれるスタッフたちのおかげです。

いよいよ明日からお正月休み。
休み中はケガや事故などなく、元気に過ごしてもらいたいですね。

家にいるだけなのに鼻水や喘息が止まらない、なんてことはありませんか?

その症状、もしかしたらハウスダストアレルギーかもしれません。


「外から帰ってきたら服を綺麗にする」などの対策をしたとしても、

もし原因が家の中にあったとしたら意味がありません。

 

そこで今回は「そもそもハウスダストアレルギーとは何か」から

「ハウスダストの原因」は?などについてのをお話しです。

自分はアレルギーじゃないけど、子どもや家族がアレルギーの可能性があるという方はぜひご覧ください。

 

ハウスダストアレルギーって?

ハウスダストとはその名の通り、家の中のゴミのことを指します。

ゴミなので、掃除していないとアレルギーが出てしまうという症状です。


近年では住宅の気密性や、ペットが家族化してより人と近いところで住むようになったことが原因で、

ハウスダストアレルギーを発症する人が増加する傾向にあります。

 

原因

様々な原因がありますが主なものから説明していきます。


・ペット(犬、猫)

ペットのフケがアレルギーの主な原因となります。

ペットの飼育を辞めるのが一番効果的な対策ですが、ペット好きの方ならそうはいきませんよね。

他の対策法としては飼育する部屋を限定することが効果的です。

 

注意していただきたいのが、ゲージ使うことでペットのいるところから離れたとしても、

部屋が同じであったら、フケなどが飛んでしまうので意味がありません。


飼育している家庭内だけではなく、外出中に公園などでフケが衣類に付着して、

ペットのいない家にまで持ち込んでしまう場合もあります。

 

・ガ

ガは穀物や菓子などを発生源とするタイプと、動物繊維の衣類に発生する2つのタイプがいます。

これらは夜行性のため、原因として特定するのが難しいといわれています。

 

・ゴキブリ

家の害虫といえばゴキブリが象徴的ですよね。

寒い地域にはいないと言われていますが、青森でも環境によっては発生します。


暖かく湿度の高い風呂場などを好み、ビルや飲食店には多くの数が生息していると言われます。

暖かい夏だけでなく、冬場でも熱源さえあれば生息しています。

ゴキブリの死骸やフンが喘息の原因になることもあります。

 

・ダニ

ダニはご家庭のハウスダストに最も多く含まれています。

喘息だけでなく、アレルギー性鼻炎や皮膚炎など多くのアレルギー性疾患の原因とされています。

 

まとめ

アレルギーの検査を受けたことがある方ならご存知でしょうが、アレルギーの原因は複数あることが多いです。

つまり、家の中のゴキブリを全て駆除したとしても必ずしも治るとは限りません。

基本的な対策としては自分のアレルギー源を特定して全体的に家を綺麗にすることを心がける事が大切です。


最近、花粉症やペットアレルギーが社会的に話題となっていますが、

それと同時によく聞くようになってきたのが「ハウスダストアレルギー」です。

簡単にいうと、家のゴミが原因で起こるアレルギーのことですが、

具体的にどのような症状が出るのかや、対策を知っている方は少ないと思います。

 

ハウスダストアレルギーの症状にはひどいものもあり、

喘息と併発している方だと呼吸困難に陥ることもあります。

そこで今回は「ハウスダストアレルギーの具体的な症状とその対策」についてお話します。

 

アレルギー症状

・アレルギー性鼻炎

ハウスダストアレルギーの症状で主なものが「鼻水が止まらない」ことだと思います。

これはアレルギー性鼻炎の症状で、鼻水だけでなく、くしゃみが止まらない場合もあります。


敏感な方だと汚い家に入った数分後に発症することもあります。

これを対処せずに放置しておくと、寝ている間にも鼻水が出て、

急性中耳炎になる可能性もあります。

 

・蓄のう症

ハウスダストアレルギーを放置しておくと、鼻の奥が炎症を起こしてきます。

鼻水は鼻から出るだけでなく、のどの方に垂れていくこともあります。

その結果喉が炎症を起こし、さらに悪化して耳のほうに行くと急性中耳炎になってしまうことがあります。

蓄のう症になると様々な症状が現れます。

 

1.嫌なにおいを感じる

初めは周りから何か異臭がすると感じるでしょう。しかし、周りに臭いの元を探してみても見つかりません。

なぜなら蓄のう症を起こした鼻が臭いにおいの元だからです。

 

2.臭いや味が分からない

風邪を引いたときに食べ物を食べたとしてもあまり美味しく感じませんよね。

それは嗅覚が鼻水によって遮断されているためです。それと同じで慢性的に鼻が詰まっていると、

食べ物の味や臭いを感じることができなくなってしまいます。

 

対処方法

・逃げる

まずはその場所から立ち去るようにしましょう。恐らくそこの埃などが原因であることがほとんどです。

どうしてもそこにいなければいけない時は、マスクをつけることで

ハウスダストを吸い込む量を少しでも減らすことができます。

常に奇麗なマスクを携帯しておくのもおススメです。

そして外に出て新鮮な空気に触れましょう。極力元の場所には戻らない方がいいです。

 

・こまめに掃除する

一気に大掃除などをすると、埃が舞ってしまい、結局ハウスダストを引き起こすことになります。

「大掃除」という概念がなくなるくらいこまめに掃除するようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

ハウスダストが引き起こす症状と対策を知って、快適な生活を送れるようにしてくださいね。