秋から冬へ

気がつけば季節はもう11月・・・・・

秋から冬へ急ぎ足で向かっています。

 

今年は秋の訪れが早く、紅葉も昨年より早く進んでいるようです。

いつもなら10月下旬から11月初旬に見ごろを迎える『中野もみじ山』の紅葉も、

今年は10月中に見ごろを迎えているようです。

紅葉狩りへまだ行かれてない方は、急いだほうが良さそうです。

 

11月と言えば一年のうちで「最も淋しい月」と、私が勝手にそう思っているだけですが。

私の11月のイメージは、どんよりとした鉛色の空と、

みぞれ交じりの雨、ザワザワと木々を揺らす木枯らしが吹いて、

急に寒くなったり暑くなったり・・・・中途半端で、無性に淋しい気持ちを誘います。

 

一年のうちで一番嫌いな月は?と聞かれたら、間違いなく11月と答えます。

嫌いと言ってしまうと語弊もありますが、好きじゃない月と言われれば、やはり11月となります。

まだ冬が来てほしくない・・・という気持ちがそう思わせるのかもしれませんね。(11月好きの方ミミマセン)

いっそ12月に入ってしまえば、青森の冬を覚悟してしまうんですけどね。

 

今年も残すところ2カ月となって、家づくりも最後の追い込みに入ります。

年内に完成してお正月は新居で迎えたい・・・という方が多いので、

楽しいお正月を家族で迎えることができるように、全力で工事を進めています。

 

今では聞かれなくなりましたが、私が好きな言葉の一つでもある「家族団欒」

今の時代こそ「家族団欒」が必要だと思っています。

家族の団欒を誘う、暖かな家をこれからも作り続けていかなくては!と

今から、新年に向けて誓う今日この頃でした!